FC2ブログ

記事一覧

ホテルローヤル 感想


 「それを愛とは呼ばず」が結構衝撃的だったので同じ作者の作品。第149回直木賞受賞作品。
 
 著者/桜木紫乃

 あらすじ
 彼氏が写真撮影に魅入られヌード写真を撮りに廃墟となったラブホテルに来た一組の男女。
 ある事件が発端でラブホテルを畳む事を決断した経営者と関連商品を取り扱う会社員。
 不倫を知ってしまった教師と両親が夜逃げした生徒。
 一国一城の夢見る看板屋の男。などなど全七編。



 短編集だったけれど話と話がリンクしてる小説で時間が過去へと遡ってく。何故ホテルが廃墟になったのか。何故ホテル経営をやめたのか。事件の背景には何があったのか。

 各話に出てくる登場人物がどれも幸せに向かってるとは思えなかった。どちらかとダークなイメージのように感じた。
 最初の撮影に来たカップルは上向きな感じで終わったけれど彼氏のどこか狂気地味た所と彼女のそれに合わせてしまう性格を見るとあの先上手くいくんだろうかと思ってしまう。
 大吉は文字通り夢と希望に溢れていたけれど事の顛末を知ってしまった身からすると哀しい。商売って難しいね。
 仮に話がリンクしていなくて個々を短編として見たら話の見え方が全然変わるんだろうな。 
 
 「幸せなんてね、過去形で語ってナンボ」というセリフが凄く刺さった。

 読んで哀しくなったのはこの小説に凄くリアリティがあってどこかの実話なんじゃないのかと思ったからなのかもしれない。

関連記事

プロフィール

ボンビー

Author:ボンビー
ラノベとか好きです

最新記事

星をつなぐ手 桜風堂ものがたり  感想 2020/01/22
友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ?  2巻 感想 2020/01/19
友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ?  感想 2020/01/13
ワーカーズ・ダイジェスト  感想 2020/01/06
ぼくたちのリメイク 7巻 感想 2019/12/30
塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い 感想 2019/12/21
七つの魔剣が支配する   感想 2019/12/12
いちご同盟 感想 2019/12/07
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 14巻 感想 2019/11/22

人気記事

スポンサーリンク

フリーエリア